RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

会津の山!

2015.07.06 Mon
風邪で本調子ではないが、山に行くことにした。

約100キロ以上離れた登山口に向かう途中だが雨が降っている。

時々とっても強く降ってくる。

これじゃ、本日の登山は諦めて、駒止湿原の散策や高清水自然公園のヒメサユリでも

見学しようかなどと話をしているうちに登山口に到着する。

雨は、ほぼ上がっている。

お隣の車の方は、途中で雨のため戻ってきたらしい。

本日の山は、平成23年7月の豪雨災害で林道が流出してしまい4年間、閉鎖されていた山、会津朝日岳!

林道の復旧工事も終わり、やっと今年の6月14日に山開きになったばかりである。

準備をして7時30分に出発。

さっそく、木の橋を渡る!

2015070601.jpg

しばらく行くと女性がひとり戻って来る。

聞けば、渡渉が出来ないと判断して戻ってきたという。

そして、もう少し行ったところで女性二人が沢沿いでミズ(ウワバミソウ)を採っている。

この方たちも渡渉出来ずに戻ってきたらしい。

その渡渉地点!

2015070602.jpg

どうということもない渡渉なのにどうして?

そんな疑問がわく。

これぐらいの渡渉が出来なければ山になど行けないとおもうけど!

そして先に進む。

雨はほとんど上がっていたが樹木から垂れてくる水滴で随分と濡れてしまった。

途中で食べ頃のコシアブラを発見するが運良く帰りまで残っていれば収穫しようということに。

叶の高手という1400m附近のピーク過ぎで本日最初に会津朝日のピークを踏んできたお二人とすれ違う。

この先にいるのは、女性が一名いるだけだそうだ。

山頂直下の岩場は、先日までは雪が残っていたところ。

雪はまだ残っているが凍り付いていている。

2015070603.jpg

岩場は滑るし、草付き部分は、泥濘がひどい!

泥だらけになりながらもやっと山頂へ!

2015070604.jpg

先行者の女性には、岩場ですれ違ったので誰もいない山頂である。

ほとんど休まずに登って2時間50分だった。

2015070605.jpg

風邪で体調が悪いがやはり山頂ビールは、欠かせない。

2015070606.jpg

そして、ランチ!

本日の野菜焼き!

2015070607.jpg

本日のお肉!

2015070608.jpg

本日のごはん!

2015070609.jpg

日差しもちょっと出てきてお天気は回復傾向に!

一年ぶりのヒメサユリ!

2015070610.jpg

タムシバもしばらくぶりだ!

2015070611.jpg

慎重に岩場を降りて、コシアブラを収穫した。

2015070612.jpg

下りは、コシアブラの収穫時間を含めて2時間半!

ランチが1時間10分だったから、全部で6時間30分の行動時間だった。

この日の登山者は、リタイヤ組が3組。

その他には、我々も含めて8組だった。









スポンサーサイト
Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

昨日の山行!

2015.06.29 Mon

昨日の山は、時間の掛からない山。

だから、なめきっていた。

最初の山は、駐車地点の確認が疎かだった。

たまたま、一台分の駐車スペースがあったが本来はその先の

5分ほど行ったところに5~6台の駐車スペースがあったのだ。

2座目の山は、ルートの確認をまったくしていなかった。

よって、登山口まで四苦八苦。

たまたま、運良くスンナリといったが何度も幸運は続かないものだと肝に命じた。

冷静になって地図を見ればおのずと見えてくるルートが、まったく見えていなかった。

簡単すぎる山だと思い込むことが慢心に繋がるようだ。

これが雪山や藪山だったなら、もっとすんなりとした山行になっていただろう。

苦労するかもしれないという思いがあるから、前もっての情報収集やルート確認を

しっかりとやってから望むからである。

最近の山は、登山口に至る道標や登山道にもしっかりとした標識があるから

迷いようがないのだ。

だから、事前調査も地図も持たずに山に入るという愚行があり、

その安易さが遭難に繋がっているような気もする。

登山者にとって、そんな至れり尽くせりのやさしい山が増えているのは、

考えものなのかも知れない。









Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

本日の山!

2015.06.28 Sun
週末は、天気が悪いという予報!

よって、山行は諦めていたけれど、土曜日の午後の天気予報で

山梨、群馬附近は、晴れるらしい。

せめて一日でも山に行くことができれば、こんなうれしいことはない。

本日は、そんなわけで日帰り山行!

群馬100のうち、南牧村にある群馬100で残っている2座を登ることにした。

小沢岳は、西上州のマッターホルンとも槍ヶ岳とも呼ばれ山頂は展望がいいらしい。

そんな山を最初に登る。

登山口には、駐車スペースが約2台。

2015062801.jpg

1台がすでに停まっている。

準備をして出発。

5分ほど歩くと沢の向こう側に取り付いている方がいる。

どうみても、小沢岳に向かうルートとは思えない。

林道をもっと先に進まなければならないはずである。

そんなやりとりをして、我々は先に行く。

四駆ならここまで来ることも可能!

2015062802.jpg

登山道と並行して細い林道も前衛峰まで続いている。

そこからは、約10分で小沢岳!

2015062803.jpg

樹木が伸びてきていて360度の大展望とはいかないが

浅間山も、妙義山も荒船山も近くによく見える。

2015062804.jpg

2015062805.jpg

山頂で約10分の休憩をして下山。

先ほど、登山道を間違えたご夫婦は前衛峰にまもなく達しようかというところですれ違った。

次に目指す山は、小沢岳の南西の方角にある桧沢岳。

小沢岳から桧沢岳まで、藪を漕げば距離は短い。

だが、登山道がないから車で十数キロを移動して登山道にいかなければならない。

橋の手前の路肩に駐車して、桧沢岳方面に向かう。

2015062806.jpg

しかし、案内がまったくない。

民家の方にルート確認してなんとか登山道を見つける。

それにしても非常にわかりずらい登山口だった。

とにかくすごい急登を行く。

西上州の山は、歩く時間は短いが一気に登る山が多い!

2015062807.jpg

そして、山頂へ!

2015062808.jpg

ここでランチ。

実は、歩き出す前にランチ担当がフライパンを忘れたということで

本日は、カップメンかなと諦めて歩き出したとたんに前週のバンガローで

使用したフライパンが車に積んだままだったのを思い出して事なきを得たのである。

そしていつもの定番メニュー!

いつもと同じじゃないのは、食材担当が調味料を車に置いてきてしまったこと。

それでも、塩とお醤油が少々あったので助かった!

最近、我がグループの調理担当は、アルツハイマーぎみで、ちょっと心配!


今日は、ホタテとしいたけが加わった!

2015062809.jpg

2015062810.jpg

ビールもおいしくいただいた。

2015062811.jpg

そして、周回はせずに下山。

これで、群馬100も65座達成!

こちらも、今年中には75座を達成出来そうです。








Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

6月20・21・22日

2015.06.27 Sat

山梨100名山の達成に向けて頑張っている。

本年のスタート時点がたぶん、34座。

先週の土日で56座になったから今年はすでに22座を達成した。

今年は、70座ぐらいまでは,達成出来そうだ。

今日のブログは、先週の山。

山梨100と大月市が選定した秀麗富嶽一二景の山である。

金曜日の夜に出発し相模原のビジネスホテル泊&居酒屋という定番コースである。

ネット検索してあったお店は予約無しのため満席で入れず。

駅前周辺で見つけた居酒屋は安くて旨かった。

2015062701.jpg

2015062702.jpg

なぜ、相模原かと言えば八王子と比較して格段にホテル代が安いから!

そして居酒屋も多いから!

翌日の山は,扇山から権現山へのピストン!

駐車スペースには、車が一台だけ。

ここから登る!

2015062703.jpg

扇山に到着。

山梨100であり、富嶽一二景!

2015062704.jpg

2015062705.jpg

そこから,権現山へ!

2015062706.jpg

扇山に戻ると大勢の登山者でいっぱい!

駐車スペースには,車がなかったからほとんどが電車利用のようだ!

本日のランチは、質素だ!

2015062707.jpg

2015062708.jpg

2015062709.jpg

いったん、車に戻り、百蔵山の登山口に!

扇山から、縦走するのがいいようだが車の回収に時間がかかる。

よって、車で移動!

ここは、時計廻りの周回コースにした。

そして、山頂へ!

2015062710.jpg

2015062711.jpg

山頂には、百蔵山にいた人たちも縦走してきていた。

これで、本日三座!

もう一座は,1時間で往復出来る山。

駐車場付近にいた人に登山口を聞いて出発。

2015062712.jpg

そして、山頂?

2015062713.jpg

2015062714.jpg

山名板はあるが、地図上ではピークではないし入力してきたGPSも

まだ先を示している。

そして、ここが地図が示す山頂!

2015062715.jpg

ところが、ここで気分が悪くなる!

吐き気がして動けない!

完全にシャリバテ!

東屋で、おにぎりとチョコレートで充電休憩!

それで、なんとか体調が戻った。

ランチの量が少なかったのに空腹感がなかったせいでこんなことになったようだ。

本日の宿は,日帰り温泉のすぐ側のバンガロー!

日帰り温泉は、前週も利用した。

2015062716.jpg

今回は、バンガローでその温泉入浴のチケットを500円で分けてもらった。

たぶん、前週は700円だったような。

今夜のDinnerは、カルビ!

2015062717.jpg

焼き飯用のごはん。

2015062718.jpg

焼き飯!

2015062719.jpg

定番ビールのあとは、白ワイン!

2015062720.jpg

その後、焼酎。

今夜も飲み過ぎ・・・・・。

翌日は、雨予報!

今日は三座の予定だがどうなることやら・・・・・。

本日、最初の山の登山口へ。

途中に、女坂と男坂のコースを選ぶ。

尾根をまっすぐに登る急登が男坂。こちらを登りに使う。

2015062721.jpg

そして山頂!

2015062722.jpg

下山して本日二座目の山。

富士急電鉄のなんとか駅の有料駐車場に車を停めて準備!

その時に雨が落ちてきた。

雨具を着けて行くことに。

そして山頂に!

2015062723.jpg

下山したら雨が上がった。

結局、合計6座の達成!

上出来だろう・・・・・。

本日は、梅雨前線の影響で近隣の目的とする山は、すべて雨予報!

よって、休養日。

明日は、たぶん群馬100!

良い天気になりますように!







Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

週末の山2!

2015.06.18 Thu

6月14日(日)

本日の山の予定は三座!

しかし、朝野頃から強い雨が降っている。

本日の山行は諦めてのんびちと朝食!

しかし、なんとか雨が上がりそうな気配!

ほぼ、上がったのを見て行くことにする。

キャンプ場に車を置いてスタートする。

ところが立野峠への標識を見ながら進んだのだが

道は民家の家で終わっている。

あれこれ,見るが立野峠に至る道は見当たらない。

その民家で聞いて登山道に復帰する。

2015061801.jpg

うっそうとした杉林の沢沿いの道を進む。

そして、立野峠の分岐へ!

2015061802.jpg

そして本日の一座目、倉岳山に!

2015061803.jpg

秀麗富嶽十二景の9番山頂でもある。

2015061804.jpg

そこから、滑りやすい斜面を慎重に降りれば穴路峠!

2015061805.jpg

そこから約30分で高畑山山頂!

2015061806.jpg

ここも倉岳山と同じ9番山頂でもある。

ちょっと時間的には早いが恒例山頂ビール!

穴路峠まで戻り、そこからは別ルートを降りる。

キャンプ場まで戻り、今度は逆方向の二十六夜山に!

2015061807.jpg

コースタイムは山頂まで1時間50分!

しかし、すごい急登!

2015061808.jpg

写真では、まったくわからないが見上げても見上げても急登が続く!

しかし、休まずに歩き続けて山頂に!

2015061809.jpg

本日、二度目の山頂ビール!

2015061810.jpg

必死に頑張って、コースタイムの半分でいけたのはすごかった!

朝の雨さえなかったら、もう一座いけたのになあ~・・・・・!

さあて、今週末も山梨の予定です!

明日からです・・・・・。







Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。