RSS|archives|admin

絲山ワールド!

2015.06.10 Wed
離陸 絲山秋子 文藝春秋

2015061001.jpg

数年ぶりの絲山秋子の長編である。

まさに絲山ワールド!

正直、ストーリーもなにも意味がわからないけど、文章の美しさに

引き込まれていく。

そして気持ちよくその世界に入っていけるのだ。

よくわからなかったけど、読んで良かったなあ~という気持ちよさが残る。

それがなぜ気持ちいいのか・・・・・。

考えて見る。

そしてわかったのは、何気ない行動の描写なのだ!

それがこころに残るのだ。

そして、それが文章として美しいのだ。

それは、とりもなおさず主人公のサラッとした生き方、視点、思考回路が

すごく気に入ったのだと思うのだ!

そんなことに共感を覚えたからだと思うのだ!

そして、納得させてくれたのが池澤夏樹の評だった。


今週の本棚:池澤夏樹・評 『離陸』=絲山秋子・著
毎日新聞 2014年11月02日 東京朝刊
 
 (文藝春秋・1890円)
 ◇謎のまま納得「時間の作用」でジャンル横断
 タイトルのことから始めようか。
 「離陸」は死につながる一つの光景である。
 人間はみな死ぬ。それが滑走路から空へ向かう飛行機に重ねられる。
 人生とは離陸の順番待ちの時間であり、生きる者はみな誘導路に並んで自分の番が来るのを待つ旅客機だ。死についてのこの美しいイメージがこの小説の背景をなしている。
 次に、すべて創作はなんらかのジャンルに属する、という世間の思い込みのことを考えなければならない。小説ならば「純文学」と「エンタメ」は違うし、その先も何段階にも細分されている。作家はいつも自分が選んだジャンルの制約の中にある。
 例えば、本格ミステリの基本はがちがちのリアリズムである。アリバイは一秒きざみで解析される。探偵役が理詰めで謎を解いていって、最後に犯人は幽霊でしたと言ったら読者は憤慨するだろう。
 絲山秋子は『離陸』でジャンル横断を試みた。
 語り手にして主人公であるのは佐藤弘(ひろむ)という若い男。彼が国交省の現業部門でダムの管理をしているところから話は始まる。読者は彼の人生を二〇一〇年から十五年間にわたって伴走する。最後は二〇二五年。
 だが彼は半分しかこの話の主役でない。深い雪のダムの脇で彼は謎の黒人からいきなりサトーサトーというあだ名を与えられ、「女優」を探してほしいと頼まれる。
 「女優」の本名は乃緒(のお)(あるいはNO)。何年も前に弘の恋人だったが、彼をあっさり捨てて消えた。それがなぜ今? どうやら彼女はパリに行ったらしい。
 読者は、これはしばらく前に流行したクエスト物の再来かと思うだろう。村上春樹の『羊をめぐる冒険』のような話なのか。乃緒が佐藤弘の前から消えた後でイスラエルの映画に一瞬だけ出演していたことがわかるあたり、いかにもクエストっぽい。それが二〇〇六年頃のこと。
 しかし話はこの謎を追う筋からどんどん逸脱するのだ。佐藤くんが必死になって昔の恋人の足跡を追うという展開にはならない。彼は矢木沢ダムからパリのユネスコ本部に転勤になって途上国の水問題を扱う(はじめから終わりまで、ダムから船まで、これは「水をめぐる冒険」である)。パリにいるのだから乃緒の謎にぐっと近づけるはずなのに、彼はその先になかなか踏み込まない。ストーリーのための自分ではないと思っているみたい。
 謎の鍵はたくさんある。弘をクエストに引き込んだカリブ海出身の黒人イルベール。彼の同郷の友人フェリックスと乃緒の間に生まれてブツゾウ=仏造と名付けられた九歳の少年。そしてフランスとイスラエルないしパレスティナをまたいで活躍・暗躍するスパイとしての乃緒の行動を書いた謎めいた文書。その内容を信じるならば、乃緒はマダム・アレゴリという名で一九三〇年代から活動していたらしい。
 そんな時代跳躍があり得るだろうか。このあたりまで来て読者は乃緒の正体を疑うと同時に、作者の意図を図りかねて戸惑う。これはどういう種類の小説なのだ?
 謎の反対側には佐藤弘のパリの日常がある。ユネスコの職員として働き、そこそこ生活を楽しみ、時にはブツゾウ少年と遊ぶ。アパルトマンの冷蔵庫を修理に来てくれた電気屋さんであるところのリュシーという女性と恋に落ちて一緒に暮らすようになる。
 佐藤弘の人生の展開と、それにつかず離れずに絡む乃緒の過去と現在の謎。利根川上流の山中に始まって、パリに移り、更に熊本県の八代に転勤、最後は福岡に至る彼の移住歴と職歴を読者は辿(たど)る。
 この破天荒な展開を読者が受け入れるのは細部がきちんと書き込まれているからだ。
 例えば、弘の妻となって八代で暮らすリュシーが熊本まで行って靴を買う場面の、その靴選びの濃密な時間の描写が、ファンタスティックの方に流れそうなこの小説のリアリティーを担保する。しっくりと足に合う靴がなければ人は遠くまで歩けない。
 サトーサトーという弘のあだ名の由来は、ブツゾウが幼い時に母から聞かされたおとぎ話だった。そこでは弘は「水の番人」だった。ダムの管理者にはぴったりの名前だ。この名前があったおかげで彼は九歳のブツゾウと出会ってすぐ心を通わせることができた。
 この小説の主題の一つは、時間の作用ということではないか。
 話の中で弘は二十四歳から三十九歳までの時を経るし、周囲の人々もそれなりに歳(とし)を取る。それはそのまま成熟の過程として読めるのだが、その一方、途中でずいぶんたくさんの登場人物が不慮の死を遂げる。殺されたり、病死したり、衰弱の果てだったり。読む者は彼らを次々に誘導路から滑走路に出て離陸してゆく飛行機として見送る。
 たくさんの謎が謎のまま残るのに、読者は穏やかな納得と共にこの本を閉じる。一群の人々の上に働く時間の作用を書く、という作者の野心は達成されたと言っていい。
    --「今週の本棚:池澤夏樹・評 『離陸』=絲山秋子・著」、『毎日新聞』2014年11月02日(日)付。








スポンサーサイト
Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

久々のおもしろさ!

2015.03.05 Thu
隠蔽捜査5.5 自覚  今野敏  2014.10.20 発行

2015030501.jpg

「隠蔽捜査」の第7弾の短編である。

一話完結で竜崎伸也の凄さと魅力をいつもの脇役たちが

それを引き出す手法の短編集である。

第一話の「隠蔽捜査」での竜崎伸也は46歳、東大卒。警察庁総務課長の

キャリア官僚だった。

それから隠蔽捜査5までを読んできた。

この作品のおもしろさは、いつも登場する脇役たちの目線からの竜崎なのである。

そして、脇役たちが引き出す竜崎伸也の、その魅力に泣かされるのだ!

「漏洩」では、大森署の貝沼副署長の苦悩!

「訓練」では、「隠蔽捜査3 疑心」に登場した女刑事・畠山美奈子が

久々に登場し竜崎の魅力をたっぷりと引き出す!

「人事」では、竜崎署長の行き過ぎた合理的行動に、日々頭を抱える野間崎管理官。

「自覚」では、たたきあげのベテラン、田端捜一課長。

「検挙」では、組織に馴染まない戸高刑事が良い味を出して竜崎の魅力を引き出す。

そして、色々な事件が起こる中でも竜崎の判断が素晴らしい!

そして、文中に出てくる竜崎の言葉にいちいち納得し感動するのである。

読み終わった後の、なんともいえない爽快感は清々しいものがある!

1話完結の短編集で、どの物語でも竜崎伸也の魅力が際立つ展開になっている。

各脇役たちが最後にいう言葉は、竜崎がずっと大森署の署長でいてほしいという。

だが私は,署長の職を解かれて元のエリートコースに戻ってほしいとおもっている。

いずれ、このシリーズも終わるのだろうから最後にはそんなストーリーで

終わって欲しいと思うのだが!







Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

読んで良かった!

2014.12.19 Fri
明日の子供たち 有川浩 幻冬舎 2014年8月10日 第1刷発行

2014121901.jpg

児童養護施設に入所している子供たちは「かわいそう」、

もしそう思っている人がいたら、ちょっと本書を読んでみてほしい。

著者の他の作品でも時々,描かれるけれど、「間違った善意」は

「悪意」よりもたちが悪いことがある。

以下は「明日の子供たち」について書かれたブログからです。

この本の舞台は、児童養護施設です。
私は、この春まで、兵庫県内の児童養護施設に勤務していました。
児童養護施設は、家庭の事情で家族と生活できない子どもたちが生活する施設です。
全国で600施設、約3万人の子どもたちが生活しています。
近年では、タイガーマスク現象(施設へのランドセルの寄付など)や、ドラマ「明日ママがいない」の喧騒などで、報道されることはありますが、実態は、なかなか理解されない(されにくい)のが、現状でしょう。
さて、この本「明日の子供たち」は、ある施設で生活している子から、有川浩さんにあてた手紙が、執筆のきっかけになったそうです。
「先生に児童養護施設をテーマに本を書いてほしい」と。
施設には、様々な課題は、当然あります。
でも、「かわいそう」で終わって、物事が正しく理解されないまま、放置されている現状があります。
「施設のことを、世間の人に、正確に知ってほしい」
彼女の思いが、大きな流れを生みました。
私も、施設にいるときは、社会的理解の乏しさ、他の福祉施設に比べても厳しい現状に、日々葛藤していました。
この本の中でも、テーマの一つですが、特に施設退所後の進路は、大きな課題です。
私も、民間の立場として、児童養護施設、社会的養護の子どもたちの応援ができるよう、力をつけていきたいと考えています。
これからも、できることをしていきたいと思っています。
どうか、「明日の子供たち」を読んでみてください。
そして、この記事をきっかけに、児童養護施設、社会的養護の子どもたちのことに関心を持っていただければ、幸いです。

児童養護施設は、児童福祉法に定められた福祉施設で、家庭で生活することが困難な児童が生活する施設です。
入所対象は、1歳~18歳(20歳まで延長可)で、異年齢の幅広い子どもたちが生活しています。
幼児さんから、やんちゃな小学生、思春期の中学生、そして高校生や大学生の進路に至るまで、すべてを支えているのが、児童指導員や保育士などの職員の方々です。
施設に勤めていると、「大変な仕事ですね」「立派なことをされていますね」と言われると思えば、「子ども相手に、楽やね」や「公務員で安定していいですね」など三者三様でした。

児童養護施設は、措置費と言われる公的なお金で運営していますが、多くの施設は、社会福祉法人が経営する民間の施設です。
実際は、限られた措置費の中で、施設経営は厳しいところが多いです。
職員さんのお給料も、その労力に見合わぬほど厳しいです。
(あえて、はっきりと言いますが)

特に知っていただきたいのは、職員数の最低基準です。
2012年に30年以上ぶりに引き上げられ、1人の職員が、小学生以上の子ども5.5人の生活のお世話をすることとなりました。
(それまでは、1人が6人の子どもを見るという基準でした)

ピンと来ないかもしれないので、少し想像してみてください。

1人が5.5人なら、2人で11人の子のお世話をする。

つまり、夫婦なら、11人の子どもの生活をみるということです。
少子化と言われる現代において、11人を子育てするのは、決して楽ではないことは、想像できるのではないでしょうか。

職員は、一日8時間勤務の労働者です。
しかし、子どもたちの生活は、24時間です。
複数の職員が交代しながら、時には一人で十数名の子どもたちに対応していく可能性があります。
(多くの職員が、8時間以上の時間を使っている現状がありますが)

児童虐待が社会問題化し、虐待を受けた子どもたちの入所が増加して久しいです。
当然1対1の丁寧な関わりが求められるはずですが、子どもたちにとって、「甘えられるひざ」がないのです。
多くの施設が工夫をしながら、努力をしていますが、これが、我が国の児童福祉の現状です。

虐待を未然に防ぐ社会、子どもたちが安心して生活できる環境をつくることにもっとお金とエネルギーをかけることは、未来への投資だと思うのですが。

言いたいことは、山ほどありますが、私は、この現場から離れた身です。
施設職員時代のことと比べたら、少々なことで、へこたれてはいけないと思って、鉄板に向かっています。
どんなに忙しくても、お客様を背中で見ながら、焼きそばを焼けるのは、施設職員で鍛えられたからだと自負しています。

今日も、今も、子どもたちのために、一所懸命に向き合っているおとなたちが多くいます。

「明日の子供たち」と「今日のおとなたち」。

「明日の子供たち」は、「正確に知っている人は少ない」施設を理解する機会となる良書です。
未読の方は、すぐにお読みくださいませ。


この作品についての自分の感想はどうでもいいのかなと思った。

なぜなら、この作品を読んで打ちのめされたような気分になったからである。

なにを書いても偽善・・・・・のような気がして。

読んで良かった・・・・・。

知って良かった・・・・・。

それだけです。







Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

装丁がいい!

2014.12.16 Tue

優雅なのかどうか、わからない 松家仁之 マガジンハウス 2014.8.28第一刷発行

2014121601.jpg

じっと、こちらを見つめているのはミア・フェロー!

美しい!

映画かファッション雑誌のような装丁に惹きつけられる。

このミア・フェローを語る文章がある。

「あんなに優雅な、隙のないくらしぶりのなかに女性が入ってゆくのって、難しいのよ。雑音というか、自分が異物になっちゃうんじゃないかって。頭がのぼせる恋なんて最初の三か月かせいぜい半年でいったん終わるでしょ。あとはどんどん冷静になって、そこから先はどう相手を認めあえるかだから」

 ぼくは黙っていた。

「趣味のあわない部分がつぎつぎに見つかって、ジョンはメリーにへきえきしてくるんじゃないかしら。たとえメリーがへっちゃらだったとしても」

「それはそうかもしれないけど、ジョンはさ、その雑音こそが好きというか、ちょっと辛辣に踏みこんでくるメリーだからこそ惹かれたんじゃないかな。ああいう男は、自分で築きあげたひとり暮らしに息苦しさも感じていて、どこかでそれを壊したくなるんだよ」
――『優雅なのかどうか、わからない』193ページより


映画「ジョンとメリー」のことである。

なぜ、ミア・フェローなのかはこの文章を読めばわかる。

松家仁之は、デビュー作でその巧みな情景の表現に打ちのめされた。

最近では新作を待ち望む作家の一人でもある。

松家仁之(まついえ・まさし)
1958年生まれ。大学卒業後、新潮社に勤務し、海外文学シリーズの新潮クレスト・ブックス、季刊誌「考える人」を創刊。2012年、長編『火山のふもとで』で小説家としてデビュー、同作で読売文学賞受賞。第2作は北海道を舞台にした『沈むフランシス』、第3作は『優雅なのかどうか、わからない』。2014年10月、編集制作として携わる雑誌『つるとはな』を創刊。


文章の滑りごこちが実にいい!

それはなめらかさであり、ここちよさであり、うつくしさでもある。

そんな文章を紡ぎ出す松家さんの作品だった。すらっと読めるのは一作目のような堅さがなく、

サラッと書き上げた作品だからというような気がする。

ストーリー的にはどうということもないが文章に魅せられる。

そして、そのライフスタイルについて考えさせられる。

雑誌『Casa BRUTUS』に連載された小説『優雅なのかどうか、わからない』の、待望の単行本化。
48歳にして再び独身になった主人公は、吉祥寺にある古い一軒家を老婦人に借り受け、自分好みに改装を始める。気楽な一人暮らしは、順調に滑りだすが、かつての恋人とばったり再会。彼女は、父親とふたりで同じ町に住んでいた......。
「気ままな一人暮らし。うらやましいかぎりだなあ。これを優雅と言わずして、なんと言う」。まわりにそう言われることに違和感を覚えつつ、彼女との関係を取り戻したいと願うが、彼女の父親は認知症となり、いつしかその介護に巻き込まれていく。自分の家と行ったり来たりの生活は、さらに思わぬ展開となり、どう暮らしたいのか、誰と生きたいのかの選択を否応なく迫ってくる---。
この小説のもうひとつの読みどころは、繊細で美しい家の描写です。かつて妻や息子と暮らした代々木のマンション、一人になって借り受けた、井の頭公園に接した古い一軒家。吹き抜け、窓、灯り、テラス、暖炉、キッチン......随所にあふれる家のディテールは、物語に柔らかい深みを与えています。


こんな生活の営み方を羨ましいとおもう。

優雅だなあと思う。

私の48歳では出来なかったライフスタイルがそこにある。

夫婦二人で職業を持ち子供が一人なら金銭的には可能な生活なのだろう。

ただ、それは人生観や価値観などによって判断が分かれるのだろう。

それを無駄とおもうか生活をENJOYしているとおもうか・・・・・。

ある程度の人生設計のようなものが見えないと不安になるということは誰しもが感じることである。

一定の収入がありその収入の範囲内で生活が出来て、ある程度の預金があれば

彼のように楽しめる人生も生まれて来るのだろうと思う。

出来れば預金などは残さずに自分の趣味に使い切ってしまいたいとはおもうが

なかなかそういうわけにもいかない。

だが、ある程度の預金さえ確保しておけばそれ以外は使い切ることも可能なのだろう。

ただ、それをなにに使うのかが重要なポイントなんだろうとおもうけど。

最近、山で知り合った宮城在住のCheeseさんのようなライフスタイルは

優雅だなあ~・・・・って思ってしまいます。


(作品では、ミア・ファローとあるけれど私の記憶ではミア・フェローと呼んでいたと記憶しています。)

レンタルビデオで「ジョンとメリー」をさがしてみようとおもいます。






Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

切なくなるほどの愛が行間に溢れています!

2014.08.03 Sun
ミッドナイト・バス 伊吹有喜  文芸春秋 2014・1・25第一刷発行

平成26年上半期の直木賞候補になった作品である。

それと山本周五郎賞の候補にもなっている。

最近、読書していて感じることは、読み出しがスムーズだと一気に読むことができることである。

この作品もそうだった。

2014080301.jpg

東京での過酷な仕事を辞め、故郷の新潟で深夜バスの運転手をしている利一。ある夜、彼が運転するバスに乗ってきたのは、十六年前に別れた妻だった──。
父親と同じく、東京での仕事を辞めて実家に戻ってきた長男の怜司。実現しそうな夢と、結婚の間で揺れる長女の彩菜。そして、再婚した夫の浮気と身体の不調に悩む元妻、美雪。
突然の離婚で一度ばらばらになった家族は、今、それぞれが問題を抱えて故郷に集まってくる。全員がもう一度前に進むために、利一はどうすればいいのか。
家族の再生と再出発をおだやかな筆致で描く、伊吹有喜の新たな代表作!
(文章は文藝春秋BOOKSの紹介ページから流用させていただいています


上記のような簡単には括れないものがあるんです。

特に利一と付き合っている志穂という女性が切ないんです。

そんな女の真情が伝わってくるから泣けるんです。

「四十九日のレシピ」も「風待ちのひと」もそうだったけど、自分自身を重ね合わせたり,

愛した人の面影をそこに見つけたりもするんです。

気持ちを伝えるむずかしさ・・・

言わなければわからないこと・・・

言わなくともわかること・・・
そんなことが身に沁みます。

胸が熱くなる感動を覚えます。

たぶん、多くの人がこの作品の登場人物の誰かに自分自身を投影するはずです。

そう感じたなら、それだけで読んだ価値があったとおもうはずです。

に沁みいる作品なんです。

感動的なんです。

ぜひとも、読んでみてください。







Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |