RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

本の読み方。

2015.04.09 Thu

脈絡のない本の読み方をしていると思う。

今はほとんどの本を処分してしまったので宮本輝のとなりには、池波正太郎が

あるというようなこともなくなったのだが節操がないほどに脈絡がない。

なぜ、そうなるのかというと本を自分では選べない。

ならば、どのように選ぶのかといえばお気に入りのブログやHPから、

あるいは、書店の平積みから選んでいるのである。

そして、もうひとつが本屋大賞、直木賞、山本周五郎賞の受賞作品と

その候補作から選んで読むことがほとんどなのである。

以前は、1週間に2冊程度は読んでいたのだが現在は2週間に一冊がやっとである。

たぶん、その時間が何かに取って代わったのだろうからそれはしかたのないことである。

本を読むことよりも優先されることが自分にとって有意義なことなのだから諦めもつくというものだ。

ただ反省すべきは、そのほとんどが読みっぱなし・・・・・!

ただ、読むだけ・・・・のような気もする。

1冊を読了し、その内容についてじっくりと考察をする・・・・ということがない!

一時は、読書ノートなるものを用意して、感じた事などを書き留めていた時もあったのだが!

今は、それがめんどうなことになってしまっている!

自分にとっての読書とは、いかなるものかを考えてみなければいけないのかなあ~・・・・・。

なんてことも思う。

たぶん、私にとっての読書とは、山に登るということと一緒の意味があるように思う。
こころの在り方によって感じ方が変わるように、山も本も同じことが言える。

つまらない山もあるし、読んでも途中で投げ出したくなる本もある。

天候に恵まれなくとも、一緒に行った仲間との連帯感ですごくよかったと感じる山もある。

つまらないストーリーだったけど、その中に共感できる言葉を見つければそれだけで、

その本を読んで良かったとおもう。

たぶん、山や本に限らず、感動すると言うことは、こころの有り様なんだよなあ~!

でも、こころが腐っていても大自然やこころの琴線にふれる文章に触れることによって、

腐ったこころが、みるみる輝いてくるってことのほうが多いのかもしれない。

だから、山に登る、本を読む・・・・・。

そんなことなんだろうなあ~・・・・・。

よく、わかんないけど・・・・・・・。








スポンサーサイト
Category:・・・について | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

市民運動に思うこと!

2015.04.07 Tue

 自民党沖縄県連の会長に就任した島尻安伊子参院議員は4日、那覇市内の自治会館で開かれた県連大会のあいさつで、名護市辺野古の新基地建設をめぐる市民の反対運動について「責任のない市民運動だと思っている。私たちは政治として対峙(たいじ)する」と発言した。
 さらに、米軍普天間飛行場の危険性除去のため辺野古移設を容認する立場から「反対運動の声の大きさに恐れおののかず、毅然(きぜん)と冷静に物事を進めないといけない。今日より明日がよくなるよう、真剣に議論し実行する」とも述べた。
 島尻氏は大会後、沖縄タイムスの取材に対し「発言は市民運動を否定するものではない。そういった(反対する)方々の声にも耳を傾けたいが、運動と私たちの立場である政治は違うという意味だ。現実を見据えて物事を進めるのが政治の使命だ」と説明した。


この島尻議員の発言は、胸のすく発言だった。

民意とかを旗印にして、立ち上がるがたいがいの場合は、自分の立ち位置を

基準にしての発言がほとんどである。

栃木県における指定廃棄物の最終処分場問題に関しても、塩谷町の候補地が

国有地であったという不運に過ぎない。

決まったことは、たいていが覆られない!

だったら、国のやることに反対も出来ないのかというとそれは違う。

受け入れを前提として、その処分場に不備のない完璧なものを要求し納得のいく

施設を作らせればいいのだと思うのだが!

反対するのは、かんたん!

出来れば、そんなものは他につくってほしいというのは誰でもが思うこと!

でも、それは自分を中心としてしか考えていない身勝手な言い分!

だったらその根拠を、その代替え案を示して反対すべきなのである。

そのようなことが、身の廻りの小さな組織で、いつでも起きている。

手を上げるのは良い・・・・・、しかし、たいがい無責任な意見がほとんどなのだ。

自分の意見に責任を持とうよ!・・・・・と思う。

責任を持てない意見なら黙っていてくださいよ!・・・・とも思う。

身にかかる火の粉は、当然、振り払わなければならないが、たいがいは、

それほどのものではない場合が多いのだ!・・・・・と思う。

正しいか、正しくないかは立ち位置によって決まる場合がほとんど!

目くじらを立てて我を忘れるのは、みっともない!

小さな組織で起こっている反対意見に、立ち位置が違う立場から思うことでした。







Category:・・・について | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

五月の連休!

2015.04.06 Mon

ゴールデンウィークは四国の山15座!

飯野山、阿波竜王山、剣山、山嶺、奥工石山、東赤石山、笹ヶ峰、

伊予富士、石鎚山、二ノ森、瓶ヶ森、稲叢山、不入山、三本杭、篠山、

日本300名山が9座。

一等三角点100名山が4座

新日本100名山が2座である。

それを8日間で消化し、2日間が予備日で合計10日間の予定を組んでいる。

予備日を使うことなく消化出来れば、八日目の夜は、高知か土佐で

かつを料理を堪能して九日目には、姫路城と天空の城、竹田城跡の見学をする。

最終日は、ゆっくりと帰路につく。

四国の山も今回で三度目!

たぶん、これが最後の四国の山旅になる。

出来れば、中国地方の一等三角点100と都道府県最高峰も一緒に

出来ればいいのだが、これはたぶん来年の5月になるのだろう!

股関節の痛みもなくなりボチボチ、ジムでの運動を開始している。

年々、衰える体力をいかに維持していくかは重要なこと。

今年も、行く山が目白押し!

でも、ガツガツしないでのんびりと山を楽しみたい!

北海道、南アルプス、中央アルプスのロング山行も予定している。

その他にも、東北100と山梨100を視野に入れている。

めんどうだなと思うときもあるが、めんどうなのは、行くまでのこと!

行ってしまえば、行くしかないのである。

さあて、4月からが本格的な2015年の山行が開始だ!









Category:・・・について | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

古式ゆかしく!

2015.03.08 Sun
3月7日(土)

この日は、甥の結婚式!

場所は、那須温泉神社である。

2015030801.jpg

那須温泉神社と書くが、読みは、なすゆげんじんじゃ…・と読む。

日光の根名草山の南側にある山に、温泉ヶ岳という山があるが

こちらも、ゆせんがたけ・・・・・と呼ぶ。

ゆせん、ゆげん・・・・・・!

那須も湯本付近まで上がってくると雪の量が変わってくる。

本日の温泉神社もこんな!

2015030802.jpg

甥も古風で結婚式はチャペルではなく、神前式!

2015030809.jpg

だから、古式ゆかしい三三九度!

2015030810.jpg

私が結婚した当時は、ほとんどが神前式だったのになあ~・・・・・!

そんな古い記憶を呼び戻してくれた。

本日の略式フォーマルは、おろし立て!

だいぶ前の略式フォーマルは、ダブルでズボンもぶっといもの。

これを機会にイージーオーダーで新調した。

これが、そのズボンの差!

2015030808.jpg

たぶん、近いうちに処分するんだろうなあ~・・・・!








Category:・・・について | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

プレゼント!

2015.02.25 Wed

十日遅れで、長男からBirthdayPresentが届いた。

2015022501.jpg

お礼の電話をしてみれば、うっかり忘れていたらしい。

こちらも期待していたわけじゃないからどうでもよかったのだが

やはり少しでも気にかけてもらえるというのは、うれしいものである。

長女と次男からはシェーバーのプレゼントなのだが、購入は私自身に

まかされている。

こちらは、何がいいかと聞かれたので注文をだしたのだが、未だに購入には

至っていない。

まだ古いシェーバーが使えるから、買いにいくのもめんどうなのだ。

その内、娘からどうしたのか聞かれる前には購入しておかないとなあ~!

でも、今となればいちばんにうれしいのは小さな子たちからのどこにも

売っていない手作りのものがいちばんかなあ~と思う。

しかし、大好きなあなたからのプレゼントがいちばん、こころがこもっているのを

感じます。







Category:・・・について | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。