RSS|archives|admin

夫婦のこと

2011.03.21 Mon
家庭がいちばん安らぐ場所だから
おならだの、ゲップだの金銭だの、なるべく
他人には見せたくないことも平然と家庭ならやり合える。
昔は愛しい、恋しい人であったのに今はその面影もない。
かといって、いちばん大切な人には変わりはなく
その辺が裏切ってはいけない人なのだとおもう。
だが、いまさら操を立てて、「あなたひとすじ」というのも
なんだかなあ~~と思う。
人間だもの世の中、魅力のある人などたくさんいるから想いを寄せる
人があらわれても不思議ではない。
たとえば恋をして相思相愛になったときに、どうしたらいいのだろうか?
倫理的に考えればがまんをしなければいけないのは充分に承知している。
しかし、化粧を落とした姿でたまに「ブッー!」として「失礼!」などと
言われてもうんざりなのである。
勝手な解釈であるが年齢を重ねてきた夫婦などというものは
親、兄弟や親しい友人のようなものではないかなと最近、思う。
失いたくはない、かけがいのない存在ではあるが、ちょっとうっとうしい
存在でもある。
やはり結婚してもそれが終点なのではなく、いかにそこからお互いを
認め合い成長していくのかということになるのだろうがそれもむずかしい!
結婚しても女は男を、男は女を常に意識していなければ簡単に
じいさん、ばあさんに成り下がってしまう。

スポンサーサイト
Category:限定公開記事 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |