FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

久々の筋肉痛!

2015.03.17 Tue

今回の山は丹沢!

仲間が私と一緒に関東100名山の最後の山である、神津島にある天上山を
一緒に踏みたいという。

仲間も残すは、丹沢の蛭ヶ岳と飛龍山と天上山の3座なのである。

いつもお世話を掛けているのだからと今回は蛭ヶ岳に行く事に!

飛龍山については、まだまだ雪が残っているので日帰りの山行はきつい。

よって、その仲間の最後は飛龍山になるのだろう。

今回の山の、蛭ヶ岳は、標高差が1,400mほどあるが早朝にスタートすれば

充分に日帰りも出来る山である。

しかし、宇都宮を6時半頃の出発では、スタートは10時・・・・・。

それでは、ちょっと日帰りはきつくなる。

スタート地点の標高はこれ!

2015031601.jpg

大倉にある駐車場に車を停め、9時50分に大倉尾根を進む。

2015031602.jpg

こんな登山道を行く!

2015031603.jpg

2015031604.jpg

2015031605.jpg

掘山の家、手前あたりで雪が降り出してきた。

2015031606.jpg

尊仏山荘のある塔ノ岳では、老若男女がたくさん休憩している。

2015031607.jpg

山頂の山名板!

2015031608.jpg

それを横目で見ながら先に向かう。

ここから先はところどころがアイスバーンになっている箇所が何カ所も出てきて

軽アイゼンも必須になる。

しかも、ぬかるみも非常に多くなる。

2015031609.jpg

よって、そんなことも想定して今回もピン付き長靴!

こんな登山道を行く!

2015031610.jpg

雪で道が白くなっていく。

2015031611.jpg

そして、スタートしてから4時間ほどで今夜の宿泊地であるみやま山荘に到着。

2015031612.jpg

そしてここが、日本100名山の丹沢山  1567.1mでもある。

2015031613.jpg

まるで夕闇のなかのような雪景色!

2015031614.jpg

そして持ち上げたプレモルと焼酎で乾杯!

今夜の寝床はこんなとこ!

2015031615.jpg

個室と言えなくもないところも二つある。

2015031616.jpg

夕食は、2回制で我々は早い時間の5時から。

これが今夜の食事!

2015031617.jpg

2015031618.jpg

ごはんと味噌汁は、お替わり自由。

その後、滋賀県の労山の方との山談義。

そして20時半には、消灯!

翌日の朝食は、6時。
写真を撮るほどのものではない。


さっさと準備をして6時半には、蛭ヶ岳に向けてスタート。

最初から、アイスバーンの下りになる。

雪も降りしかも強風が吹いている。

昨日もそうだったが、春山から雪山に突然変わる。

今日は、冬山からのスタートだ。

我々よりも少し前に出発した昨夜に一緒に山談義をした45歳の男性を

追い越す。この方は、檜洞丸を経て西丹沢に降りるらしい。

その後、昨夜、みやま山荘に泊まったかたと思われる5人パーティーと

山頂手前ですれ違う。

アップダウンを繰り返し蛭ヶ岳に到着。

2015031619.jpg

晴天なら恒例の雪だるまなどを作って遊ぶのだが、こうも天気が悪いと

そんな遊びごころも消失する。

記念撮影をしてすぐに引き返す。

2015031621.jpg

樹氷が美しい!

2015031620.jpg

2015031622.jpg

2015031623.jpg

みやま山荘に戻り、100名山のバッジを購入!


前回この山に登ったときには、バッジ収集をしていなかったので

やっと手にすることができた。

尊仏山荘には、外で休んでいる人はだれもいない。

我々も中に入り小休止。

ここでは、休憩料が300円。しかしひとり1品を購入すれば

休憩料は発生しない。よってビールを購入。

30分も休むがまだ時間は11時。

よって、当初の予定通りに鍋割山を経由して下山することに。

この山を経由する目的は、これ!

2015031624.jpg

わざわざ、これを食べるために登ってくるかたもいるらしい!

我々もその御多分に洩れずにいただくことに!もとろん、ビール付きで!

2015031625.jpg

水もない山中において千円という値段は高くない設定である。

満腹になり下山開始。しかし山荘からしばらくは、ぬかるみの連続である。

長靴でよかった~・・・と思うのはこんなときである。

そしてひたすらに降りるのみ。

そして徒渉地点を過ぎてからは、ひたすら林道歩きが続く。

徒渉地点で前を行く男女の二人連れに追いつくが、そのうちの女性のほうが

追い越させないようにひたすら必死に後ろを振り返らずに前を行く。

こうなると、からかってみたいのが私の嫌らしさ!

追い越すことも可能だが、後ろにぴったりとついてプレッシャーをかけるのが

おもしろい!

2カ所ほどあった丸太の橋を渉らずに長靴の強みでショートカット!

そして、一旦は前に出るが決して先には行かずに先に行ってもらう。

そんな楽しいゲームをしながら大倉バス亭まで遊ばせていただいた!

それにしても久々に距離があって標高差のあるルートを歩き、山歩きの充足感を味わった。

やはり、山は少しハードなほうが身体にもこころにもいいようだ!

最近は、楽な山行ばかりが続いていたせいで、本日は筋肉痛で歩くのが苦痛である。

特に階段の下りでは悲鳴を上げそうだ。

山頂ランチも楽しいけれど、これからは少しハードルをあげた山行計画をしていこうとおもっている。

【3月14日(土)】
【大倉P】9:50-【見晴らし茶屋】10:33-【駒止茶屋】11:05-
【堀山の家】11:24~11:35-【花立山荘】12:20~12:25-【塔ノ岳】13:00-
【丹沢山】14:00

【3月15日(日)】
【みやま山荘】6:30-【不動の峰休憩所】7:02-【蛭ヶ岳】7:55-
【不動の峰休憩所】8:49-【みやま山荘】9:20~9:30-
【尊仏山荘】10:20~10:50-【鍋割山荘】11:48~12:25-【徒渉地点】13:15-
【二俣】13:33-【大倉P】14:25





スポンサーサイト


Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<こだわり! | HOME | Yarujyan House!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://fuukasaku.blog40.fc2.com/tb.php/1083-c7ed2483

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。