FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

週末の出来事!

2015.06.02 Tue

5/30(土)

週末の山は山梨。

今年の重点山行は山梨100名山である。

そして、今回の目的は、甲州印傳!

バックはちょっとお高いので今回は長財布から試してみようと!

3座を登り、宿にチェックインしてから印傳屋に向かう。

2015060201.jpg

2015060202.jpg

2015060203.jpg

色々と目移りするが眼に留まったのがこれ!

2015060204.jpg

鹿のイラスト、印の文字、INDEN-YAという文字が入っている。

それに決めた!

そしてなんと同じデザインの小銭入れも!

2015060205.jpg

早速、購入!

さあて、これがどのように変化していくのかは、お楽しみ!

それによっては、ちょっとお高いけれどバックもほしい!

なんか、すごい宝物に巡り会ったような感じ!

大切に使いたい逸品です!


印伝
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内、 検索
印伝(いんでん、印傳)とは、印伝革の略であり、羊や鹿の皮をなめしたものをいう。 細かいしぼが多くあり、肌合いがよい。なめした革に染色を施し漆で模様を描いたもので、袋物などに用いられる。名称はインド(印度)伝来に因むとされ、印伝の足袋が正倉院宝庫内に見られ、東大寺に文箱が奈良時代の作品として残る。
印伝または印傳という名称は、貿易を行った際に用いられたポルトガル語 (india) 又はオランダ語 (indiën) の発音にインド産の鞣革を用いた事から印伝と言う文字を当てたとされる。 専ら鹿革の加工製品を指す事が多い。印伝は昔において馬具、胴巻き、武具や甲冑の一部、巾着、銭入れ、胡禄、革羽織、煙草入れ等を作成するのに用いられ、今日において札入れ、下駄の鼻緒、印鑑容れ、巾着、がま口、ハンドバッグ、ベルトなどが作られている。
山梨県の工芸品として甲州印伝が国により、その他の伝統的工芸品に指定されている。




スポンサーサイト


Category:本日の日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<まるごと北陸! | HOME | 四国山行打ち上げ!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://fuukasaku.blog40.fc2.com/tb.php/1114-087ed540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。